マレーシアで法律相談ナンバー1は何ですか?

マレーシアで法務をおろそかにすると取り返しにつかないことになりますよ、と言われても具体的にピンときませんよね、そこでマレーシアで最も多い法律相談を例に出しましょう。もちろんこれはローカルの人々ではなくて在住の日本人のケースです。ローカルとはまた生活環境も考え方も違うので日本人目線でお話します。

筆者がよく耳にする法律相談ナンバー1はダントツで「交通事故」だと言って良いでしょう。マレーシアは運転マナーの非常に緩い国です。荒いというか、ぶつけるのをそんなに気にしないというか。マレーシアは人口が日本と比べると4分の1と少しといったところですが、交通事故で亡くなる人数は日本よりも多いのです。恐ろしいですね。2016年のWHOの統計を参考に並べました。

↓↓

10万人あたりの交通事故死者数  日本    3.5人

       〃        マレーシア  28人

       〃         タイ    38人

これを見ますとタイの死者数が目について普段バイタクに乗ってる筆者などは足が震えてしまうのですが、実はマレーシアの方が危ないのです。人口と事故数の関係を計算すればわかります。マレーシアの人口が日本の4分の1として交通事故死者数が8倍、つまり32倍マレーシアは日本よりも交通事故で死にやすい、ということになりますね。タイは人口が日本の半分なので死者数の10倍と合わせると、日本よりも20倍交通事故で死にやすいという計算になります。マレーシアの方が高いのがよくわかりますね。


PAGE TOP